今しかできない貴重な体験を積みながら「善進」していきたい。

 トヨタとソフトバンクがタックを組んで、何やら未来に向けて新たな取り組みを開始するらしい。昨日の朝の番組では、この「大手自動車業界」対「大手通信業界」という視点から考えられる様々な未来像が語られていた。私も自分なりにいろいろイマジネーションを働かせ、ポジティブな見解を持てるよう、努めている。「努める」というのはちょっと大げさかもしれないが、昨今、私自身が笑顔で外出していることとは反対に、外で見かける人からは笑顔をもらうことが少ない。だからといって何か自分にできることは思い浮かばない。そういう連鎖から自分の気持ちに負の影響を与える。
 日本は、職場ではほぼ義務感に於いて「笑顔」であるが、何も心から笑って生活しているわけではない。外から何か変化したからと即笑顔になっていくわけではないが、少なくとも善く「変化」していくことは大切である。前述の取り組みが「善進」であることを望む。いつの日か、今私達が体験していることも、きっと未来には体験できない、「貴重だったこと」になっていくかもしれない。全身脱毛 おすすめ サロン